大阪府

106
箕面の滝
高さ33mの大滝。四季折々の表情が楽しめる。
高さ33mの箕面大滝を中心に、春は桜、秋は紅葉と、四季折々の表情が楽しめる。滝の下流には、府営箕面公園昆虫館があり、放蝶園で生きた蝶を観察したり、日本や世界の珍しい昆虫の標本5,000点を見ることができる。近隣には、役行者によって創建されたと伝わる瀧安寺もある。
●TEL/072-721-3014(箕面公園管理事務所)
◆交通/阪急箕面線 箕面駅から徒歩約35分
ウィキペディアで調べる 写真を検索する 地図を検索する

107
 
住吉大社
 
 
     
 
美しい朱塗りの太鼓橋や国宝の本殿などが立ち並ぶ
航海安全の神様、武道の神様、商売繁盛の神様などが祀られ、古くから崇敬を集めている。美しい朱塗りの太鼓橋や、国宝に指定されている「住吉造り」の本殿など文化財も多い。
       
●時間/4月〜9月 6:00〜17:00、10月〜3月 6:30〜17:00
●休業日/年中無休  ●TEL/06-6672-0753
◆交通/南海本線 住吉大社駅より徒歩3分/南海高野線 住吉東駅より徒歩5分
       
ウィキペディアで調べる 写真を検索する 地図を検索する

 

109
 
櫻井神社
 
 
     
 
堺市内唯一の国宝。
上神谷(にわだに)の八幡さんと呼ばれ、堺市内で唯一の国宝に指定されている貴重な建物です。鎌倉時代中期の建築で、二重虹梁蟇股といわれる古い形式の架構法で、内部中央を土間の馬道とする割拝殿(わりはいでん)になっています。外壁の白壁と朱色の木部との鮮やかなコントラストが美しく、簡素にして明快な木組みに時代を感じることができます。

また、神社には大阪府有形文化財として、鉢ヶ峯の国神社にまつられていた石燈籠と神像が保存されているとともに、毎年10月の第1日曜に奉納される「上神谷のこおどり」は国選択・府無形文化財となっています。
       
●休業日/拝観自由  ●料金/無料  ●TEL/072-297-0043
◆交通/南海高野線「中百舌鳥駅」~泉北高速鉄道「泉ヶ丘駅」下車。南海バスで「桜井神社前」下車すぐ。
       
ウィキペディアで調べる 写真を検索する 地図を検索する

 

111
 
水間寺
 
 
     
 
下随一の三重の塔を有する古刹。
厄除の観音様として、厚い信仰を集めている水間寺は、奈良時代に、聖武天皇の勅願によって、僧行基が創建したといわれているが、火災に見舞われるなどにより現在の本堂は1811(文化8)年に再建されたものである。ここの三重の塔は大阪府下随一のもので、初重の蟇股(かえるまた)には色鮮やかな十二支が刻されるなど一見の価値ある。桜の名所でもあり、満開になる春には花見客でも賑わう。
       
●TEL/072-446-1355(8:30~16:00)
◆交通/水間鉄道「水間観音駅」下車徒歩約10分
       
ウィキペディアで調べる 写真を検索する 地図を検索する

 

112
 
大阪市立自然史博物館
 
 
     
 
人と自然のかかわりの歴史を動植物や化石などで紹介
人と自然の関わりの歴史を、動植物や化石、岩石など約8,400点に及ぶ資料を通して紹介している。

特に大阪の山や森などを先史時代までさかのぼって再現したコーナーは、人間の生活によって身近な自然がどのように変化してきたのかが実感できる興味深いもの。

また、館内の随所に『恐竜の足の骨』や『アンモナイト』など “触れる展示” を数多く設けているのも特色である。

隣接する長居植物園の案内や、各地での野外観察会など、館外の活動も活発に行っている。1974年開館。
       
●時間/3月から10月 / 午前9:30~午後5:00(入場は午後4:30まで) 、11月から2月 / 午前9:30~午後4:30(入場は午後4:00まで)
●休業日/月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/28〜1/4)  ●料金/大人300円、高・大学生200円、中学生以下・市内在住の65歳以上の方(要証明)・障がい者手帳等をお持ちの方(要証明)(※介助者1名無料)無料  ●TEL/06-6697-6221
◆交通/地下鉄御堂筋線 長居駅より徒歩8分/JR阪和線 長居駅より徒歩8分
       
ウィキペディアで調べる 写真を検索する 地図を検索する

 

113
 
大阪府立弥生文化博物館
 
 
     
 
弥生時代に関する全国で唯一の博物館
日本文化のルーツともいえる「弥生時代」(紀元前3、4世紀頃〜紀元3世紀頃)にテーマをしぼった博物館。

わが国有数の弥生時代の集落遺跡「池上・曽根(いけがみ・そね)遺跡」の地に、1991年開館。

稲作が始まり、国際交流が活発に行われた激動の時代を、全国の著名な実物資料や復元品、および最新の映像機器を駆使してリアルに表現している。

考古学・民俗学の成果をもとに、春の田植えと秋の取り入れの稲作風景を忠実に復元した水田の模型や、中国の「魏志倭人伝(ぎしわじんでん)」に登場する邪馬台国(やまたいこく)の女王、卑弥呼(ひみこ)の館の模型が見どころ。
       
●時間/10:00〜17:00(入館は16:30まで)
●休業日/月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/28〜1/4)  ●料金/大人300円、高校生・65才以上200円、中学生以下・障害者手帳お持ちの方(介助者含む)・留学生特別入場証お持ちの方無料  ●TEL/0725-46-2162
◆交通/JR阪和線 信太山駅より徒歩7分/南海本線 松ノ浜駅より徒歩20分
       
ウィキペディアで調べる 写真を検索する 地図を検索する