京都府

165
 
京都市美術館
 
 
     
 
明治以降の京都を中心とした日本の美術品を中心に所蔵
平安の昔より日本の文化、芸術の中心地であった京都に、1933年開館。以来、半世紀以上にわたり京都を中心とした近・現代の美術工芸品を収集している。

中でも日本画が充実しており、菊池契月の『南波照間』(1928)をはじめ竹内栖鳳や上村松園、富岡鉄斎などの名品が並ぶ。

他にも、浅井忠の『グレーの柳』(1901)などの洋画や彫刻、工芸、書、版画など収蔵品は1,800点を越える。

展覧会は “主催展” のほか、作家を育成する “公募展”、国際展などの “共催展” を3本柱に数多く開催されている。

主催展には、館所蔵品を展示する「京都市美術館コレクション展」や全国からの公募展「京展」、京都にゆかりの作家を特集する「京都の美術 昨日・きょう・明日」シリーズなどがある。
       
●時間/9:00〜17:00(入館は16:30まで)
●休業日/月曜日(祝日の場合は開館)、年末年始  ●料金/展覧会により異なる  ●TEL/075-771-4107
◆交通/JR東海道本線 京都駅、阪急京都線 河原町駅、京阪本線 三条駅よりバス「京都会館美術館前」下車すぐ。地下鉄東西線東山駅下車約10分
       
ウィキペディアで調べる 写真を検索する 地図を検索する