京都府

46
 
嵐山
 
 
     
 
日本有数の桜や紅葉の名所
京都市街の西に位置し、平安時代には貴族の別荘地であった。現在では、京都の代表的な観光地となっており、 特に、渡月橋(とげつきょう)周辺は、桜と紅葉の名所として多くの観光客を集めている。
       
◆交通/京福電鉄嵐山線・阪急嵐山線嵐山駅から徒歩約5分
京都観光navi ウィキペディアで調べる 写真を検索する 地図を検索する

 

47
 
京都駅ビル(JR京都駅大空広場)
 
 
     
 
京都の新しい情報発信基地
建都1200年の記念事業の一環で、4代目駅舎として1997年にオープン。駅ビルの規模としては日本最大級で、駅、ホテル、デパート、劇場、美術館の他観光案内所など、多彩な機能を備えた複合施設。日本全国のラーメンを楽しめる京都ラーメン小路もある。京都市内を一望できる大空広場は京都を観光する際に、ぜひ立ち寄ってみたい。(写真提供:JNTO)
       
●TEL/075-361-4401(駅インフォメーションプラザ)
◆交通/JR京都駅構内
京都駅ビル ウィキペディアで調べる 写真を検索する 地図を検索する

 

48
 
上賀茂神社
【世界遺産】 
 
     
 
王朝時代の風情が今も残る
正式には賀茂別雷神社。総面積は背後の山を合わせて約76万m2、境内約60棟の社殿のうち41棟が国の重要文化財に指定されている。現存の本殿は1863年に造替されたもので権殿と共に国宝。5月15日に行われる京都三大祭「葵祭」の行列はここを目指してやってくる。競馬会神事(5月5日)や烏相撲(9月9日)などの神事も有名。
       
●休業日/無休  ●料金/境内無料  ●TEL/075-781-0011
◆交通/JR 京都駅から市バス 上賀茂御薗橋下車徒歩5分
上賀茂神社 ウィキペディアで調べる 写真を検索する 地図を検索する

 

49
 
下鴨神社
【世界遺産】 
 
     
 
森に囲まれた京都最古の神社
正式には賀茂御祖神社。糺ノ森(ただすのもり)の北にある京都最古の神社のひとつ。毎年5月15日に行われる葵祭は雅かな王朝絵巻が御所から下鴨神社を経て、上賀茂神社へと繰り広げられる。また、7月に行われる御手洗会では、御手洗川に足をつけると、夏やせを防ぎ、病気にかからないといわれる。
       
●休業日/無休  ●料金/境内無料

  ●TEL/075-781-0010
◆交通/京阪 出町柳駅下車徒歩8分、JR 京都駅から市バス 下鴨神社前下車すぐ
下鴨神社 ウィキペディアで調べる 写真を検索する 地図を検索する

 

50
 
銀閣寺
【世界遺産】 
 
     
 
落ち着いた静かな佇まいの寺
正式には慈照寺。1482年に建てられた。東求堂内の同仁斎は現存する最古の書院造り。白砂が緩やかな波のように敷かれた庭園には、銀沙灘と向月台と称する2つの砂盛りを配置。月侍山にのぼる月の光を反射させ、その月明かりで庭を愛でるように造られたといわれる。(写真提供:JNTO)
       
●時間/8:30〜17:00(12/1〜2月末は9:00〜16:30)
●休業日/無休  ●料金/大人500円、小・中学生300円
東求堂は要はがき申込1000円)  ●TEL/075-771-5725
◆交通/JR 京都駅から市バス 銀閣寺道下車徒歩7分
       
銀閣寺 ウィキペディアで調べる 写真を検索する 地図を検索する

 

51
 
平安神宮
 
 
     
 
京都の空に映える朱塗りの社殿
平安神宮の社殿は、平安京大内裏にあった朝堂院を8分の5に縮小して復元された。本殿の奥の神苑は約3万m2に及ぶ国の名勝指定の日本庭園で、枝垂れ桜が咲く春にぜひ訪れたい。華麗な時代絵巻を繰り広げる「時代祭」は毎年10月22日に行われる。(写真提供:JNTO)
       
●時間/境内参拝時間:6:00~18:00(お守り、御朱印は7:30~)、神苑拝観受付時間:8:30~17:30(季節により変更有)
●休業日/無休  ●料金/境内無料(神苑 大人600円、小人300円)  ●TEL/075-761-0221
◆交通/地下鉄 東山駅下車徒歩10分、JR 京都駅から市バス 京都会館・美術館前下車徒歩すぐ
       
平安神宮 ウィキペディアで調べる 写真を検索する 地図を検索する