Kansai Window TV

関西在住の外国人が語る関西の魅力 堺市編 ~伝統を未来へ~ 【Chapter 7】

次にご紹介したいのは、堺五月鯉幟の工房です。鯉幟が作られるようになったのは明治時代の初めで、その頃は、日本の凧職人が紙製の鯉幟を作っていました。それ以降、鯉幟の生産は大阪で非常に盛んになりました。