Kansai Window TV

マスターズスポーツを題材とした初の映画「アゲイン:28年目の甲子園」のご紹介

  マスターズ甲子園をテーマとした映画、「アゲイン:28年目の甲子園」が2015年1月17日から、全国で上映されます。この映画の原作は、「マスターズ甲子園」の応援団長である、直木賞作家・重松清さんが、大会を題材に書かれた小説、「アゲイン」です。

  この「アゲイン」では、元高校球児と、「マスターズ甲子園」の学生スタッフとの出会いがきっかけとなり、甲子園出場という、かつては叶えることのできなかった夢を、再び追い求めることになる、高校の野球部、同窓会チームの奮闘、その再挑戦を支える人々の、熱いドラマが描かれています。