ホーム > 関西の魅力 > 関西の生活と現在文化 > スポーツ

スポーツ

甲子園球場

 関西には、市民の生活に潤いをもたらし健康を増進するスポーツを振興するため、大規模な競技場をはじめ各種スポーツ施設の集積がある。各自治体では、国際的なスポーツイベントやサッカー、陸上競技など種々のスポーツに供用するため、大規模スポーツ施設やその他の会場を建設・整備し、さらに、体育館やプールなど地域住民が気軽に利用できる施設が充実している。

 プロスポーツでは、プロ野球の「阪神タイガース」が阪神甲子園球場(西宮市)に本拠地を置いており、このほか関西に本拠地をもつプロ球団には、「オリックス・バファローズ」がある。他には、サッカーが人気を集めており、多くのプロサッカーチームがJリーグで活躍している。プロバスケットボールでは「大阪エヴェッサ」が活躍している。野球・サッカーなど、関西の球団・チームは他の地域には見られない熱狂的なファン層を持っている。また、日本の国技である相撲では大相撲春場所が毎年3月、大阪府立体育会館で開催されている。

 関西では学生、アマチュアのスポーツイベントも盛んで、全国高校野球大会が春、夏の年2回阪神甲子園球場で、全国高校ラグビー大会が「近鉄花園ラグビー場」で開催されている。鳥取県皆生温泉は1981年に国内で初めてトライアスロン競技を開催した地であり、毎年7月に過酷で熱い戦いを繰りひろげている。

鈴鹿サーキット

 モータースポーツでは、鈴鹿サーキット(三重)が国内外にその名を馳せている。「F1日本グランプリ」など各種の世界選手権大会のほか、数多くの多彩なレースが開催され、内外のモータースポーツファンを熱狂させている。

 またオリンピックの女子マラソン代表の選考を兼ねて実施される「大阪国際女子マラソン」は大阪市長居陸上競技場で毎年行われている。その他、2010年4月、日本最大の施設規模を有するサッカー・ナショナルトレーニングセンター「J-GREEN堺」が大阪府堺市にオープンし、サッカー日本代表チームの練習だけでなく、市民も利用できるスポーツ施設として利用されている。

 関西はこのような国際スポーツイベントを主催するだけでなく、豊かな四季と充実した施設に裏付けられて、あらゆる種類のスポーツに理想的な環境が整っており、市民は参加者としてまた観客としてスポーツを楽しんでいる。

戻る                      次へ