ホーム > 関西の魅力 > 産業・経済をリードする > 地場産業

地場産業

自転車部品

関西には、十数世紀に及ぶ歴史と伝統に育まれた地場産業が今日も脈々と生き続け、世界市場で揺るぎなき地位を築き上げている多くの企業がある。長い年月の間に蓄積されたこれらの伝統技術は、後世の産業に引き継がれ現代日本の先端技術に生かされている。例えば、近世初頭に鉄砲を生産し、その後も刃物の産地として栄えてきた大阪府堺市からは、有力な自転車部品メーカーが複数現れ、中でもシマノは世界でもトップクラスのシェアを誇っている。また京都の伝統産業の一つ焼き物からは、産業用のファインセラミックスが生まれ、京セラはその代表的なメーカーである。