Staff view


関西の芸術文化について見て聞き感じたことを語るブログ記事!

最近の記事

人と自然が調和した兵庫県・篠山の魅力

人と自然が調和した兵庫県・篠山の魅力
最近、雑誌・テレビなどでも取り上げられている篠山は、兵庫県の中東部、京都府境に位置し、周りをなだらかな山々に囲まれた場所にある。大阪からはJRで約1時間の篠山口が玄関口となり、そこからバスに乗り約15分で町の中心地に着く。大阪からも十分通勤圏である篠山に日本の原風景といったどこか懐かしい風景や古民家が残っているのには驚かされるが、最近では古民家をリノベーションしたカフェや雑貨屋が次々と生まれ、若手...

続きを読む: 人と自然が調和した兵庫県・篠山の魅力


「わくわくオーケストラ教室」体験(兵庫県立芸術文化センター)

「わくわくオーケストラ教室」体験(兵庫県立芸術文化センター)
阪急西宮北口駅南にある兵庫県立芸術文化センターのことは、以前から気になっていた。芸術監督に国内外で活躍されている指揮者・佐渡裕氏を迎え多彩な公演を実施するとともに、人々に音楽・舞台芸術の素晴らしさを知ってもらう普及活動にも熱心との評判だからだ。すぐにチケットが完売になる公演も多いという。現在、多くのホールがいかに入場者数を増やすかに苦労しているなかその秘密は何なのだろうか。  先日、そのセン...

続きを読む: 「わくわくオーケストラ教室」体験(兵庫県立芸術文化センター)


国立文楽劇場 錦秋公演を観て(初心者体験録)

国立文楽劇場 錦秋公演を観て(初心者体験録)
 先日、国立文楽劇場に行ってきました。  日曜日の第2部、夕方4時の開演でしたが、5分前に会場に着くと既に多くの席が埋まっていました。  中には外国の方の姿も見えましたが、若い人の数が少なかったように思います。  当日の演目は、「一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)」と「伊達娘恋緋鹿子(だてむすめこいのひがのこ)」です。前者は源平合戦の平敦盛と熊谷直実の話が、後者は八百屋お七の話が下敷き...

続きを読む: 国立文楽劇場 錦秋公演を観て(初心者体験録)


白虎の方位にある信貴山を訪ねて(奈良)〜紅葉の盛りに〜

白虎の方位にある信貴山を訪ねて(奈良)〜紅葉の盛りに〜
 平城遷都1300年祭で信貴山は※白虎の方位に位置づけされた。この信貴山は歴史と自然のテーマパークであることはあまり知られていない。  山麓はすでに新興住宅地で囲まれてしまっているが、少し坂を上ると、今の時期は紅葉が山を走る風に揺れている。ケーブルカーの遺産を横目にグネグネとバスに揺られると程なく信貴山に到着する。 ここは朝護孫子寺の門前、山の頂上まで境内が延々と続く。まず出迎えるのは巨大...

続きを読む: 白虎の方位にある信貴山を訪ねて(奈良)〜紅葉の盛りに〜


「見ルノ、知ルノ、感じルノ。 ルノワール展(国立国際美術館)」

「見ルノ、知ルノ、感じルノ。 ルノワール展(国立国際美術館)」
 本当に久々のルノワール。BGMはドビュッシーの「世俗の踊り」、ナレーター(音声ガイド)は松坂慶子さんで、寒い雨模様を忘れさせる、甘く朗らかな会場であった。明るい色調、女性の笑顔、鮮やかな彩りの風景、ルノワールの絵は全てが安心して見ていられ、楽しくウキウキした気持ちになれる。  今回の特別内覧会には約700名の来訪があったそうで、ルノワール人気がよく分かる。混雑で絵から離れて鑑賞していたおか...

続きを読む: 「見ルノ、知ルノ、感じルノ。 ルノワール展(国立国際美術館)」




さらに前の記事を読む